事故やケガのない安全な工場の選び方

安全対策は万全であるか

大きな工場では当然のように安全第一で作業を行うことが義務付けられていますが、小中規模の工場であると安全に対する意識や対策がおろそかになっているケースも考えられます。安全対策が十分に検討されているのか、過去に甚大な事故事例がある職場ではないか、もし労働災害に遭遇した際に労災補償の対象となるか、など面接で事前にしっかり確認しておくべきです。仕事内容によっては安全靴や保護具などが必要な職場があり、そのような装備品が支給されるのかもしくは購入する必要があるのかという事も費用がかかるため忘れずに確認するべきです。仮に自身で装備品を購入する必要がある時には安易に安い装備品を選ぶのではなく、十分に安全性を考えて購入することをお薦めします。

通勤距離を考えて選ぶ

工場勤務であれば夜勤で業務する工場も多く、体調管理には十分な配慮が必要です。心身の健康を維持するためにも、程よい通勤距離の職場を選ぶことが長く働くことはもとより、日々の安全な労働をする上で重要です。待遇や賃金の条件が良いからという理由で自宅からかなり離れた職場を選ぶと電車やバスを乗り継ぐ必要があったり、または車での長時間運転など強いられてしまい、通常勤務であればそれ程負担に感じない距離だとしても、繁忙期になり夜勤や残業が続いた際には健康を害すリスクの一因となり得ます。仕方なく遠方通勤になってしまった場合にはできるだけ公共機関を利用し、車の長距離運転だけは避けることをお薦めします。夜勤明けなど疲労した体での長時間運転は生命の危険と言っても過言ではありません。一方で、程よい距離を自転車などを利用して通勤すればよい気分転換にもなるのではないでしょうか。

岐阜でドライバーの求人を探す時は求人サイトで勤務地を岐阜に設定します。それだけで同県内でのドライバ求人だけを探すことができるのです。