その求人大丈夫?工場求人の落とし穴はここだ!

日給が高めなのは要注意

工場の求人で日給が高めに設定されていることがあります。
稼ぎたい人にとって魅力的な求人となるのですが、実はこの高めな日給が要注意ポイントになります。
工場は24時間製造しているところが多いため、交代制が基本の勤務体系になっています。
時給ではなく日給で高めに書かれている場合、残業時間も含まれた金額になっていることがあります。
残業時間も含まれている状態だと、実際の時給が思っているよりも高くなく、魅力的な求人ではなくなります。
日給が高いからだけで判断するのではなく、実際の残業時間がどのくらいになるのか、そして、時給換算するとどのくらいになるのかをしっかり計算してから、応募するのかどうかを検討してください。

常に求人しているところは要注意

工場で常に求人していると、忙しいからこそ人手が足りないと感じてしまいます。
確かに実際に人が足りていないからこそ求人しているわけですが、実は常に求人しているところは要注意です。
どんなに忙しい工場でも常に人手が足りないほど仕事があるわけではありません。
求人しなくても良い時期もありますし、またしっかりしているところは人が集まりやすいため、常に求人する必要はありません。
常に求人していると、何かしらの問題で人の出入りが激しいと言われています。
給料面や勤務体系など何かしら欠点がある可能性を持っているため、常に求人しているところは要注意です。
ただ、絶対に働いてはいけないわけではありません。
面接官の印象や働いている人の印象で良いかどうか判断しましょう。

日総工産の求人は全国規模で展開している他、その多くが工場におけるライン工です。特殊な技能や経験は不要なので、初めて働く人でも即戦力として採用される利点があります。